健康な肌になる為には体の中をきれいにすることが大切

「皮フは内臓の健康状態を表す」とよく言うので、健康な肌になる為には体の中をきれいにすることが大切だと思います。
皮膚は口にした食品の栄養成分から作られています。
栄養素を吸収する場所が腸です。

そのため、腸内環境を整えるように努めています。
便秘をしないように、食物繊維をたくさん口にするようにしています。
「繊維質」は水分を取り込んで膨れて大便がカサ増しされ、腸を刺激してスムーズな排便を促してくれます。

繊維質が多い食べ物は、野菜類、海藻類、果物類、キノコ類、マメ類など。
野菜類は毎日必ず十分に摂取するようにしています。
12㎝のボール一杯分くらいは食します。

おやつにはフルーツやアーモンドなどを摂るようにしています。
ごはんは白米ではなく、食物繊維含有量が高い精白していないお米や十穀米などを食べています。
繊維質が多い食生活を送ることで、便秘知らずの体になります。

お通じがなくて肌荒れがひどかった時もありますが、快便生活になったら肌トラブルも起こらなくなりました。
体内の状態を改善することってとっても重要ですね。

誰しも平等に年齢が上がっていきます。
しかし、加齢はしょうがない事ですが外見的にも若さがなくなったり、今の年齢以上に老けて見えてしまうのは辛いですよね。
そんな訳で、若くなることはできませんがイキイキとしていられるように気を配っています。

やっぱり年齢とともにお肉が付きやすくなったりスタイルに変化が出てくるので全身運動をしています。
全身運動と言っても、ジムに通っているっていうことじゃなく柔軟体操や「ウォーキング」をやったりしています。

それから、「呼吸法」を大事にしています。
心身ともに緊張をほぐして浅い息遣いにならにように注意しています。
それを行うと、身体があったまって冷えも取れてきます。

そして、御飯などはいつも好きなものを好きなだけ摂りますが晩のゴハンが終わったら全く食べないようにしています。
そして、身体も心も時間的にもゆとりがあれば「プチ断食」を行います。
すると身体が軽くなります。

他には、掃除も頻繁にやっています。
こうすることで自然と体をよく動かすのでお得です。
普段使用していない「筋肉」に注意を払いながら掃除すると、けっこう良いエクササイズとなります。


洗顔のしすぎになるから肌に悪い?

「W洗顔」という洗顔法は洗顔のしすぎになるから肌に悪いという内容のネット記事を見ました。
この「ダブル洗顔」っていうのはクレンジング剤でお化粧をとってから、洗顔石鹸などを用いて仕上げる洗顔法です。
ワタシはお化粧をし始めたころから夜の洗顔はそうしてきました。

そしていまだにこの「ダブル洗顔」を行っています。
メイク落としは誰でもやるのでしょうが、お化粧を落としたあとの顔面もたっぷりのアワでしっかりと洗浄しないと気持ちが悪いからです。
しっかりと泡を作って洗顔すると気分爽快って感じです。

洗顔用の石けんは泡立ちがよくて保湿機能のあるやつを買っています。
ワタシの顔は「W洗顔」をやっても特にトラブルも出ていません。
この先もこのやり方は続けていくつもりです。

ダブル洗顔に限らず「良い」とか「悪い」とかはそれぞれの肌質によっても差が出てくるものでしょう。
お肌のお手入れにも基本はあると思いますが、基本は守りながら自分の肌質に合ったスキンケアを行っていくのが結局素肌を守る事になるんじゃないかとという気がしてなりません。

明白な事なのですが、早寝早起きは軽視できません。
子どもが産まれた直後の生活は、こども中心の生活になるのでわたしの事は二の次でした。
老けこんだ感じになって、落ち込んだ時もありましたが、だんだん子供が成長してくると、自分の生活ペースもつかめてきました。

子供の離乳食が始まったので、近頃は夜ご飯は17時頃食べて、7時には寝かせています。
そこからは自分の時間ができるし、早い時間に食事を済ませる事ができるので、痩せられます。
やるべきことがなければ、早々に寝ています。

夜中に起こされたりしますし、睡眠時間が足りない場合お肌の為に良くないですよね。
朝は、子供が起きる少し前に置き、旦那様のお弁当と、その日の夕ご飯を朝のうちに作ってしまいます。
これには大きな利点があるのです。

何より夕方にのんびり過ごすことが出来ますし、食料品売り場で過剰に買う事がありません。
こうする事でダイエットにもつながっています。


どうせ俺なんか不細工だし一生彼女なんて出来ないよ

最近テレビで脱毛のCMが夜になると頻繁に放送されていますが、それを見るたびに私も全身脱毛してみたいなという衝動にかられます。

もうすぐ時期的にも暖かくて夏に向けて今から脱毛しましょうみたいな感じに訴えてくるCMに、私もやりたいなと素直に思います。
もちろん全身やりたいですし、無駄毛がなければ剃り忘れてヒヤヒヤすることだってないわけですし、なによりも剃刀負けをしてしまう私にとって、剃らなくていいなんてまさに天国だと思ってしまいます。

ただ、なんですぐにやらないのかと言いますと、全身脱毛の料金がすぐに支払える額ではないのです。
誰しもやってみたいと思う全身脱毛は、お金がある限りある女子しか出来ないケアなのだと思っています。

たしかに商売なのだから、高額な金額に設定しているのはすごく悪いことではないのでしょうけど、私みたいに収入が少ない女子にとってやりたくても出来ないわけなので、もう少し額を下げて欲しいなって思います。

モテる男性。それは顔がかっこいい一部の恵まれた人だけだと思っていませんか。
確かに顔がかっこよく、背も高いなんてモテる要素満載なのでさほど努力しなくとも女性は寄ってきます。
では不細工な男性はモテないのでしょうか?

いえ、顔がどんなに不細工でも、デブでも、ハゲでも、チビでもモテる人はモテます。
容姿に恵まれなくともモテるにはどうしたらよいのでしょう。

「どうせ俺なんか不細工だし一生彼女なんて出来ないよ」と思っている方。すでにその考え方が自分の魅力を消しています。
女性にモテるにはまずは自分を低く見積もらないでください。
自分が不細工だと思ってても、消極的にならず女性に自分をアピールしましょう。

アピール方法はなんでもよいです。
自分といるといかに楽しくおしゃべり出来るのか。
女性の変化(髪形など)にすぐ気づいて誉めてあげられるか。

自分は不細工だから絶対浮気なんてしないと自虐ネタで笑わせて好意があることをアピールするのもよいでしょう。
女性は中身を見ます。ネガティブ男子より楽しいポジティブ男子がモテますよ。

最近ではムダ毛処理は女性だけでなく男性も当たり前にする時代になってきました。
男性用のメンズエステのCMもよく見ますね!!

そんな私もムダ毛処理に悩みを抱えております。
とにかく嫌なのが胸毛、お腹の毛です。
これから先、海水浴に行ったりプールに行ったりするシーズンが到来!!

しかし私にはこの大きなコンプレックスがあるため、素直に楽しめないところがあります。
周りの目が気になります。最初のころは恥ずかしくてムダ毛処理していたのですが、どんどん濃くなっているような気がして今は恥ずかしいですが、剃らないようにしています。

やはり胸毛やお腹の毛は女性の方は気になるものでしょうか??
外国の方々はどんなに毛が濃くても堂々としていてうらやましいです。
日本では圧倒的に少数派のような気がします。

芸能人の方でもあまり生えている人は見かけない気がします。
やはり男なので女性の反応が気になります。
そして胸毛の生えてる人で処理してる人もいるのか気になります。

おすすめメンズサロン⇒メンズTBC 予約

人は見た目が9割とも言われる現代において見た目のおかげで得することが多いのは否めない。
振り返ってみると小学校、中学校高校といじめられてしまっていた子は見た目がどちらかというと悪い場合が多くなかったであろうか!?

逆に人気者は見た目がいい場合が多い。これは社会に出てからも同じだ。そこで髭が気になりだしている。
どちらかと言うといつもイケメンと言われてきたほうだが、髭が似合うタイプではない為焦りだしている。
毎日剃らないといけないし、深ぞりすると皮膚を痛めて肌荒れを起こしてしまう。

かといってピンセットで一本一本抜くのは痛いし時間もかかるし、埋没毛の原因にもなると言われており、実際に抜いていると埋没毛はできている。
なのでそろそろ真剣に脱毛をしたいとは思っているのだがなかなか踏み切れずにいる。
男なのに髭が生えないようになることへの抵抗が心のどこかにあるからであろう。
かといって伸ばす予定があるわけでもないという矛盾した日々を過ごしている。


骨盤矯正運動で腰痛防止と下半身ダイエット

出産してから骨盤の歪みがひどくなりました。
産後ケアをきちんとすれば回復できるそうですが、赤ちゃんのお世話に追われているうちに、自分のケアはおざなりに。
しかも抱っこ紐をよく使うため、常に腰痛に悩むようになりました。
そこで調べると、骨盤矯正をすれば、腰痛にも効果があり、下半身を引き締める効果があると知りました。
できれば寝転がって簡単にできる運動かストレッチが良いと思っていました。
すると最適なものが見つかりました。

うつぶせに真っ直ぐ寝転がり、片足を45度開きます。
開いた足のひざを曲げて、足の裏を天井に向けるようにします。
その状態で、太ももから足全体を持ち上げるのです。
この動作を両足で行います。
回数は疲れない程度に片足10回ずつを毎晩行っています。

さっそくしてみると、腰に良い感じの負荷がかかり、とても気持ち良くて、クセになってしまいました。
腰が痛い!と薬を塗っても治らなかったのに、このエクササイズですっきりと軽くなったのです。

足を持ち上げる際に、太ももとヒップの境目の筋肉を使っているので、ヒップアップにも効果が期待できます。
健康とダイエットが同時にできるので嬉しいです。


なんとなく肌がくすんできました

年齢を重ねて肌のことで今1番悩んでいるのは、なんとなく肌がくすんできたということです。
まだ小じわもほとんど無いし、シミもありません。
ですから、自宅にこもっているぶんには鏡を見ても気になることはあまりありません。

しかし、外出すると、出先で若い女性を見掛ける機会は必ずあります。
メイクの厚さ、薄さにかかわらず、若い女性の肌はやはり綺麗です。
ハリがあって透明感があります。

厚化粧をしているコでも、メイクの下に透ける肌は中年の肌とは明らかに違います。
そうした美肌を目にすると、とたんに自分の肌がくすんで見えてきます。

年齢肌を痛感します。
年齢肌の悩みの根本は肌の乾燥にあると聞いたことがあります。
40代までは毎日数枚は使っていた脂とり紙を50過ぎてから使わなくなりました。

Tゾーンがギラつかなくなったのはいいのですが、どうやらそれは肌の乾燥を示すものだったようです。
エイジングケアとしてオルビスの基礎化粧品を2年前から使いだしました。
くすみ解消の実感はありません。化粧品を変えることにしようか?と悩んでいます。

肌のためには、正しいスキンケアが大事。
加齢とともに必要になっていくスキンケアアイテムですが、もっとシンプルにできないかな、と。

とはいえ、お手本がいないので息詰まるばかり。
周囲に聞いても、本当に色んな意見が合って。
肌の悩みは人それぞれ違うので、完全に自分が満足できるよな話はないですよね。

テレビに出てくるプロの方なら、仕事ですから、きっと試行錯誤で自分に合った肌に対する信念をお持ちのはず。
そんな風に考えながら、テレビからの情報にもアンテナを張ることに。

あるトーク番組で、女優の大谷直子さんが出ていらっしゃって。
しかもノーメイクだったんです。
当時…40~50代とおっしゃっていたような。
驚きました。
今流行りのノーメイク風ではなくて、本当のノーメイクだったので。

しかもお肌がキレイなんですね。
お話によると、仕事以外では極力お化粧しないんですって。
肌に余計なストレスをかけたくないとのことで、すごく納得。
私も真似したい、と思いました。
外気にあたるストレスもあるので、外出時の保湿クリームは欠かしませんが、いわゆるお化粧はほとんどしなくなりました。
肌にとっては、健康になったような感じはあります。

おすすめ⇒透輝の滴スタートセット


生野菜はあまり食べません

野菜と言うと、実家で煮物をよく食べていた所為か、今我が家でも根菜を煮たものや葉物を茹でたものが殆どです。
食物繊維もビタミン類も根菜の方があるし、煮物の方が身体を温めるからだったのかなと思います。

よく繊維が入っている女性をターゲットにしたドリンク剤で「レタス〇個分の食繊維が入っています」と言いますが、キャベツの方がまだ多いのではないかと思ってしまいます。
もちろん、私としては「ごぼう1本分の食物繊維が・・・」と書いてある方が効果があるように思います(笑)

ですから、我が家では夏以外あまり生野菜のサラダは食べません。
ポテトサラダは別ですが。

ただ、今は生の玉ねぎを使ったサラダは時々作ります。
もちろん、年齢的に主人も私も血液をサラサラにしておかなければならない年齢になったことがあります。
又、玉ねぎは三つ葉や紫蘇等、何とでも合わせることが出来ますし、そのままでも醤油、ドレッシング、塩、何をかけても美味しく食べられる点が嬉しいです。


ハンドクリームは欠かせない

ハンドクリームを頻繁に使うようになったのは肌は乾燥すると老けて見えるから。手肌は乾燥しやすいですよね。水仕事が多い主婦ともなるとハンドクリームを手放せません。塗っても塗ってもお風呂掃除やぞうきんがけの度にハンドクリームが取れてしまいます。

ちょっとは肌に残っているんだろうけどきれいな肌とはほど遠い状態。シワが目立って肌のキメが乱れているのがわかります。肌のキメが揃っていないだけでも年齢を感じさせる肌になります。

それがすごく気になってハンドクリームを何種類も買いました。持ちがいいハンドクリーム、アンチエイジングができるハンドクリーム、ヒビやあかぎれに強いハンドクリームなどたくさんのハンドクリームを買いました。夜寝る前に使うハーブの香り豊かなハンドクリームは気持ちが落ち着くので毎日使っています。

家の中や私のバッグの中にはハンドクリームがいつも入っている状態。だんだんきれいな手になっていけたら嬉しいです。


彼氏の気持ちをつかむ方法

私は今の彼氏とお付き合いをして5年になります。
そして、最近プロポーズをされ来年結婚式を行い予定です。

私の友人が先日「どうすれば彼氏と長く付き合えるの?」と聞かれました。
そんなことを聞いてきた友人は、彼氏と付き合っても半年続けば良い方だそうです。
どうすれば長続きあるのかと、自分の恋愛経験を振り返ってみました。
するときっとこれかなぁと思い当たる節がありました。

私は彼氏でも友達でも、その人に対する対応は平等にしています。
彼氏だからどうとか、友達だからどうとか、そういう見方をしたことがあまりありません。

私は小さいころから母親に、「相手が喜んでくれることを存分にしてあげなさい」と教えられたので、頭の中に常にその言葉が入っています。
何気ない日常の中でも、自分自身で何か変化をもたらし、そして相手が笑ってくれるようなアクションをするのが好きでした。

今の彼氏は私といると、いつも笑って過ごせると言ってくれます。
私はそんな彼氏を見ていると幸せな気持ちになります。
私の話を聞いた友人は「奥が深いなぁ」と言いながら真剣に話を聞いてくれました。
参考:リビドーロゼ 通販

大好きな人の前では、どうしても自分を良く見せたり、相手に少しでも好かれようと頑張りすぎたりしてしまうことも多いですよね?
その気持ち、すごくよく分かります。
恋愛をしたら、誰もが少なからずそう思うはずです。

でも、その良く見せようとすることが、実はかえって恋愛を上手くいかなくさせる原因になってしまうことも多々あります。
素の自分を見せられずに疲れてしまったり、相手に合わせすぎて、自分の良さが隠れてしまったり、心で通じ合える感じがなくなってしまったり。
恋愛において、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

恋愛を長続きさせるためには、お互いが一緒にいて楽でいられる関係であることが一番大切なんです。
これは、自分がほどほどに好きな人と付き合う方がいいと言っているのではありません。
自分が本当に好きな人と付き合うからこそ、恋愛って楽しいんです。

そうではなくて、好きな人相手であっても、無理をしすぎず自然体でいることを意識して接しましょうということなんです。
相手も同じ人間です。
きっと同じように、ドキドキしながら接しているはずです。
そう思うと、少しは気が楽になって、自然体の自分でも好きでいてくれるのではないかなと思えるようになると思います。

相思相愛の仲であると評判のカップルでも、倦怠期は必ずと言っていいほどやってくるものだと思います。
そんなときは、あえて距離を置いてみることが効果的です。

毎日のように接していて好意を寄せている異性であっても、いつかは飽きがきてしまいます。
これは、脳がマンネリズムの影響を大いに受けているからに他なりません。
ですから、まずは直接会うことを控えるようにすることが有効です。

お互いの近況報告などの連絡を絶たなくても、顔を合わせないだけで十分であると考えられます。
カップルの倦怠期の宿敵であるマンネリ化は、好きな異性の記憶が薄れそうになれば解消できることが多いからです。

また、その期間はおおよそ1ヶ月程度が望ましいです。
これまた脳の仕組みですが、人は3週間程度同じことを繰り返していると、その状況に飽きを感じます。
ですから、恋人と会わない習慣にマンネリズムを感じるような環境を整えることによって、恋心が再び湧き上がります。


日本人は元より食事は野菜が中心だった

今の日本人は、肉食を好む方が増えています。しかし、日本人がお肉をこれほどまでに食べだしたのは、ここ100年以内の話です。
それまでは、魚および野菜中心の食事をしてきたのです。ある人種が長年、子孫を繁栄させる上で、様々なことを受け継いできてるのです。その情報は遺伝子の中に含まれています。

ここ最近の日本人の肥満率は驚きの数値です。ちょっと小太りというのでなく、完全に欧米化しています。そういう人は、まずほとんど野菜を毛嫌いして肉食中心です。
肉食がダメとは言いませんが、日本人にはまだ適応・順応できてないと思います。

健康ブームですが、実は健康になるためには簡単なことです。
日本人は日本人らしい食事である日本食を主に食べれば良いだけの話です。
そうやって何世代も生活してきたのですから、それが今の時点では一番効果があるのです。

日本食を見ると、様々な野菜を取り入れています。野菜から栄養分を取ることが上手いはずです。
乳酸菌など、牛乳・チーズなど欧米発祥の健康食品も良いですが、日本人には野菜から取れる健康栄養素が一番向いてると思います。


ストレスに効く料理作業

料理は、ストレス解消に最適です。
日常生活で必ず食事は作らなければならないので、どうせなら美味しいものを作って家族に食べさせたいものです。

ストレス解消につながる理由の一つは、料理に熱中することでイライラの根本を少しの間忘れられることにあります。
材料を揃える所から、調理手順、味見や盛り付けまで常に意識して考えることが目白押しです。
美味しい料理を作って食べる目的以外は、考える余裕がなくなります。

それから、ストレス解消のためにはスピード感を持って調理するように心がけています。
料理はスピードと言われますが、やはり常に食材の状況を見てアクションを摂らないと、無駄な加熱をしたり放置をしたりして料理の味が落ちてしまいます。
適切な調理時間で出来上がったアツアツの料理をすぐに食卓で味わうというのが、家庭料理の醍醐味でもあります。

美味しい料理は、胃袋にはもちろん、心にも強力なビタミン剤になります。
出来立てを味わう幸せな時間が、ストレスを消してくれるはずです。


Proudly powered by Wordpress