若いときにうっかり紫外線を浴びまくっていた結果…

日焼けで染みになるって先輩方から結構言われることがあります。
若いときにうっかり紫外線を浴びまくっていた為に「シミ」が目立つようになってしまったという話を聞くことが多いのです。
お風呂屋さんやスポーツジムでよく聞きます。

特にサウナの中は裸の付き合い的な感じになりやすくそういった失敗談をよく聞きます。
「UV」は目に見えるものではないのでどんな風にすれば紫外線防止できるのか模索しました。
完璧にUVを遮断することは出来ませんがこれからだんだん紫外線に当たらない工夫は必要だと思っています。

その対策として運転中は長袖シャツを着たり、長袖がない場合は肩まである手袋をはめています。
紫外線カット機能がついているグローブを使用しています。
近ごろ使っているアームカバーは紫外線遮蔽率が90%以上のやつです。

手先まですっぽりカバーできる手袋なので指の先までちゃんと紫外線対策が出来て心配がありません。
将来的に嘆くことのないように今後も気をつけていきたいです。

年齢を重ねるにつれておなかやウエストの下半身、それと背中までもぜい肉がつくようになったなと実感しております。
加えてとどまることを知らずに増える体重。

そうすると老けて見えても仕方ないですね。
そのためわたくしが年齢美容のために何よりも気をつけていることは「贅肉をつけない、スタイルを維持する」です。
これがけっこう簡単なようで難しいです。

女の人の体形が崩れるきっかけはやはり出産後ですね。
出産で緩んだ骨盤をしっかり閉めなければ、スタイルがくずれてしまいます。
だから、自分は出産直後には骨盤にさらしを巻き付けることと整形外科に行ったり、その他にも家で負担にならない程度に骨盤ストレッチをとことんやりました。

その結果、出産後も思ったより体重の変化と体形の崩れは無くて済みました。
それでもやはり産前よりは体のラインが崩れたなあとたびたび感じています。

今後いっそう努力をしないとスタイル維持は難しいと思います。
地道に努力を続けて、今後もずっとボディケアについてしっかりと取り組んでいこうと考えています。

美しい容姿作りの為に気を使っていることは、やっぱり「野菜」と「睡眠」ですね。
やっぱり野菜を食べる事としっかりとした睡眠は、美しい肌のためには不可欠だと思います。
自分の意識としては、「美容」イコール「肌状態」というような感じがあるので、やっぱり肌質を良い状態にしておくことは美容のためには欠かせないというわけです。

そうして、肌トラブルのない肌を目指す上で、どれ程バカみたいに高い化粧水や乳液を使用してもそんなに報われないのです。
野菜を摂ることと睡眠時間の確保が欠如しているのだったら。
どんなに素晴らしい美容液などをつけていても、食物繊維が不足している食事だとお肌はすぐに手触りが悪くなりますからね。
一日二日唐揚げなんかを多く食してしまい、そうしてサラダなんかを食さなかっただけで、翌日には大人ニキビがお目見えしていることも。

更には睡眠の時間が足りないと、ドライスキン気味になっていることなんか頻繁にあります。
特に睡眠時間が足りないと、皮ふの内部からかさついていくのを実感してしまいます。
ですからこそ、矢張りキレイになるためには「野菜」と「睡眠」が切り離せないと痛感しています。


Proudly powered by Wordpress