当の本人が分からなくても誰かが言ってあげてもいいのでは?

いつものように利用しているスーパーに体臭のひどいスタッフがいらっしゃいます。
いつもそこに行くと顔を合わせるのですが、毎回匂うので気になります。
間違いなくそこにいる人の中でも気になっている方がいると思います。

少々の匂いなら気にならないのですけど、すごく臭ってくるため買い物をしたくなくなるのです。
本人は分からないのかな?すごく臭いので気づいてもおかしくないと思います。
当の本人が分からなくても誰かが言ってあげてもいいのではないでしょうか。
野菜コーナーや総菜コーナーで何かをしているのを見ると買い物する気にならなくなります。

この前さかなコーナーでそのスタッフを見たとき、生臭いニオイと体臭がブレンドされてすごく臭かったことがあります。
スタッフの見た目とか臭いなどの教育をしっかりとしてほしいって思ったのです。
屋外の工事現場などで働く人たちならそれでもいいのですが、食品を売っているスーパーでの身なりや体臭は大切ではないでしょうか。
何をやっても臭ってしまうような店員さんがいるのであれば、裏方的な仕事で働いて貰うとか対応してほしいと思います。

わたしは13、4歳のころから、皆にワキが臭いと言われていて、部活動の練習着も脇下部分が黄色く変色してしまうほどでした。
中学を卒業し高校一年になり、ワキガの対策にニオイ防止クリームをつけたりして臭いを抑制していました。
会社に勤め始め、数年は、薬用わきがクリームで体臭ケアをしてきたのですが、ようやく有給を使って一週間弱のわきが施術を受けました。

一時間程度で施術は終わって、その後は七日ほど病院のベッドで過ごしました。
脇は強く固定されていましたが、手先は動かす事が出来たので、入院中はそんなに窮屈さも感じませんでした。
毎日一度、医院長先生がワキの部分を見てくれて、傷を縫い合わせた時の糸は、二週間前後で抜糸しました。

その後1ヶ月に1回はクリニックで診てもらい1年通院しました。
それにより臭くなくなりました。
腋臭用クリームでケアしていなくても、一切臭くなりません。

手術をしたことで勤務中にも心配になる事がなくなったので本当にストレスが減りました。
ワキ下のニオイで悩んでいる方は腋臭手術を受けてみた方がいいかも。
10万円以下でできるので試してみてはいかがでしょうか?

汗の出方というのは十人十色です。
汗をかく量だったり部位や匂いや職業・性別・年令によっても変わるし、万が一それらが同じだったとしても其々の体質によっても変わってくるのだと思います。

ちいさい時はおいといて、若い時はそこまで汗はかかなかったのにアラフォー近くなったくらいからじわじわと汗が滲んでくる事が増えました。
そうなった理由は別にありました。

汗が全然でない、またはわずかしかかかないというのは不健康だと雑誌で見ましたが、20代の頃にブツブツができて皮膚科を受診した際に、「発汗しない事で放熱する事ができずに溜まっている。体温が上がったことによる温熱蕁麻疹かもしれない。」と言われてしまい、ホントに?とビックリしたのです。

今までは真夏でも汗かいてきたかな~といったほどで、汗が垂れるなんてなかったのです。
健康を考えて体質改善しなくちゃ!と思い、その後は移動の際には自転車や徒歩で出かけるようにしました。

するとだんだんと発汗するようになって、以前にできた蕁麻疹も出なくなっていきました。
今では汗臭・汗ジミ対策をするくらい汗をかいています。

女でわきの汗を懸念している人で多くいるのは夏場だと思います。
だけど、あたしが一番わきの汗で困っているのがニットを着用する寒い冬なのです。
女子らしく見せられる白色のニットを着た場合、暖房がついている部屋に入るだけでわき汗が大量に出てきます。

ですから、真っ白なセーターはそれほど多く着ていないのだけれどワキの箇所のみ汗のシミができてしまいます。
悲惨な時は一回しか着ていないのに汗のシミができ、誰かに見られたんじゃないかと数日ビクビクしていました。
夏の時期の汗ジミであれば周りの人たちもわりと「どうしようもないよね」と分かってくれるのですけど、冬の時期のワキ汗が分かってしまった瞬間に嫌われてしまいそうで怖くなるのです。

わき汗で、心配なのがシミの他に臭いがする事と蒸れる事です。
人に寄られることが恐怖であるだけでなく、私は肌が荒れやすい性質で脇に汗をかくおかげで汗疹が両脇にできるので一年中キャミソールを着る事ができません。
私は私のような汗かきを苦しめるのは、暑い夏ではなくて冬だと考えています。


Proudly powered by Wordpress