体の中と外からケア

私が気を付けているのは、まずスキンケア。
朝は水だけで洗顔します。その後、化粧水を付け無印用品のアーモンドオイルを塗ります。
アーモンドオイルは、ベタベタしなく、保湿効果もあるのでリピしています。
その上からメイクをするといい感じにグロー感が出ます。

朝は、ビタミン含有の化粧水や果物は摂らないように気を付けています。
夏は日焼け止めを塗りたくり、化粧水は美白の物に変えています。
20代後半なので、肌質も安定していて吹き出物も出来ないし、10代20代前半と比べたら安い基礎化粧品を使用しています。

夜は、化粧水を塗った後にクナイプビオオイルをたっぷり塗ります。
オレンジの香りがするので夜のみの使用にしています。

食べ物で気を付けているのは、ビタミンを摂る事です。
不足気味だと感じているのでジュースにして飲んでいます。
浮腫予防にカリウムの摂取にも心がけています。
不飽和脂肪酸を摂る事にも心がけていて、アーモンドやタイガーナッツを齧っています。


食事制限ダイエットについて

私が行ったダイエットは食事制限ダイエットです。
1ヶ月で5kg落とすという目標で取り組みました。

1ヶ月で5kgなら簡単だとお思いかもしれませんが、身長159cm体重50kgという状態から5kg落とすのは中々容易ではありませんでした。
しかし事情があり、やむを得ず取り組むことになったのです。
その際に食事制限ダイエットを選んだ理由は「運動をせずに自己管理だけでできるダイエット」だからです。
運動が苦手な私には最適でした。

まず、食事制限をするにあたり、3つのルールを決めました。
「米を食べない」「外食をしない」「甘いものを食べてもいい」の3つです。

「米を食べない」というのは炭水化物抜きダイエットから取り入れました。
「外食をしない」というのは、外食をしてしまうと「何をどの程度食べたのか」というのがわかりにくいからというのと、「ダイエット中だから」と我慢して好きなものを食べられないというストレスを減らすためです。
自炊であれば工夫次第で好きなものを食べることができますし、肉や野菜をどの程度使っているかが目に見えて把握できます。

「甘いものを食べてもいい」についても同じような理由です。
一日ひとかけらのチョコレートを食べたからといってダイエットは滞りません。
むしろ甘いものを我慢して感じるストレスの方がよほど敵であると言えます。

このようなルールを作った後は自分の裁量で食事量を減らします。
例えば1日のメインを素麺1束と決め、朝はヨーグルト、昼は素麺半束と水菜1束を温麺で、夜は残り半束と鶏挽肉を温麺で食べる、などです。
温麺に唐辛子や生姜を混ぜると代謝が上がり、より効果的でした。

こうして3週間が経つ頃には、私は見事目標を達成していました。
予定よりも早く痩せられた上に、その間ストレスもなく、仕事に影響を及ぼすこともありませんでした。
「好きなものが食べられないから嫌だ」という理由で食事制限ダイエットをしないという方にも、是非この体験を紹介したいと思えるほど楽なダイエットだと思います。

私はこのようにしてダイエットをしましたが、逆に太りたいという人がいるということを最近知って驚きました。
そして太りたいという人向けのサプリもあるそうなのです。
プルエル

凄いですね、太れない人は食べても太れないことで悩んでいるんでしょうけれども、私からすれば「食べても太らない」というのは本当に羨ましくて仕方がありません。

健康的に体重を増やすなら

単純に体重を増やすだけならば、一食に食べる量を増やしたり、太りやすい食べ物を食べれば済む話ですが、健康的となると話は別です。
健康的というからには、血圧・血糖値などの健康診断で弾き出される計測数値に始まって総合的な運動能力についても基準以上なことが求められます。
血圧その他の数値を正常に保つ必要性から、体脂肪率が増えるような太り方はまず却下されます。

脂肪を増やせないならば筋肉を増やすことで、体重を増やすしかないでしょう。
筋肉量を増やすことを義務としているような職種、プロレスラーのような生活をすれば道は開けます。
炭水化物や脂質は少なめに、タンパク質を多めに取り込む食事がよいようです。
茹でた鶏肉を大量に食べることで筋肉量をアップするという話をよく耳にします。

食べただけでは筋肉は太らないので、相当の運動も必要です。
さらに効率良く回復することも視野にいれてビタミンやミネラルも積極的に補給します。
各種成分は摂りすぎもよくないので適度な加減が必要なことも注意してください。

消耗しすぎると筋肉の増加など期待できないので、運動は次の日に疲れが残らないように気をつけます。
走りこむのも良いですが長距離ランニングは消耗が大きすぎます。
ダッシュと軽いランニングを交互に数回繰り返す程度が良いと思われます。

健康的に体重を増やすには食事と運動どちらも重要です。
食事だけではただ脂肪が付いて肥満になり健康を害することになりますし、運動や筋トレをしていても効果的な食事をしていなければ効率的な筋力がつかないです。

食事は理想は1日3食しっかりと食べることです。そして間食はしないことです。
食事の内容はあまりこだわる必要はありませんがタンパク質を多目にとった方が健康的に体重を増やせる筋力アップにつながります。

次に健康的に体重を増やすには筋力トレーニングも重要です。
ポイントは無理な負荷をを与えないことで自分が辛いなと思った所からもうちょっと頑張る位が継続するコツです。
鍛える場所は腕だけとか腹筋だけとかだけでなく全体的に鍛えられるように毎日違う場所を鍛えることがポイントです。

気分や天気でメニューを変えてもいいと思います。
大切なのは無理なく怪我をしないように長く続けることで健康的に筋力が増えて体重も増えて行くことです。


冷たいものを飲まないということ

私が健康のために気をつけていることは、体を冷やさないということです。

体温が1度落ちると、免疫力が30%落ちると聞いて、以前からも冷え性だったのですが、本格的に冷え性を治そうと決意しました。
始めたのは冷たいものを飲まないということです。夏に冷たいものを飲むのは気持ちがいいし、冬のアイスは格別ですよね。
でも体の中は36度という温度を一生懸命保ってくれているのに、そこに冷たいものを流し込んではだいなしです。

飲むときは体温か体温以上のものにします。初めは冷たいものやめて、熱いお茶にすればいいんでしょ、簡単だ、と思っていましたが、これがけっこう大変なんです。
普通に暮らしていると、冷たいものをとる機会って多いんですよね。ジュースやお茶、アイスコーヒー、アイスティー、あるいはアルコール飲料、さらに女性だとアイスやパフェも大好きですよね。

でもとりあえずやってみることにしました。夏はいつも大きなボトルに麦茶を入れて冷やしていましたが、まずそれをやめました。
飲むときは常温のお水です。慣れてくると、逆に冷たいものを飲んだときに、体の中から冷えて「サムイ」と感じるようになりました。
今では冷たいものを飲みたいと思うことがなくなりました。冷え性も少し改善したように思います。


耐えきれないニオイの対処法に困っています

私は子供の頃からニオイに敏感です。
自分のニオイはもちろんのこと、他の人やそれ以外のニオイにも敏感です。

中にはとても耐えきれないようなニオイもあります。
その一つが体臭や口の臭いです。

以前、上司が歯槽膿漏だったらしく、かなり口臭がひどい人がいました。
性格的には非常に良い上司で、多くの人に慕われていたのですが、唯一口臭だけが耐えられませんでした。

少し離れていると、何とか我慢できるニオイだったのですが、近くに寄る時はなるべく息を止めるようにしていました。
おそらく本人が一番気付いていたのだろうと思います。

職場の上司や同僚のニオイを指摘することは、人間関係を悪くしてしまうのでなかなか難しく私はできません。
毎回、何とかニオイを気にせずに回避できる方法を考えてしまいます。

相手のニオイだけではなく、自分のニオイも誰かに不快感を与えているかもしれません。
日頃から自分の体臭や口臭などのニオイを、十分に気を付けて行きたいと思っています。
ワキガクリームのラポマイン

体臭がきつい人にたまに会うことがあります。
僕が一番鼻につくのは脇の下のニオイです。

体臭ケアを疎かにしないというのは、他人に対する気遣いでもあります。
臭い人が近距離にいると、やはり不快な気分になる事がありますから。

小さいときや、中学や高校くらいまでであれば、互いに率直に忠告しあえるかもわかりません。
だけど年を取るにつれて、ストレートに指摘してくれる人は殆どいなくなるので、本人も気づかないうちに人に不快な思いをさせている場合もあると思われます。

それはとても悲劇的な話だし、自分も、カラダの臭いを出さないように暮らしていきたいと思っています。

もしかしたら、社会的常識として真っ向から「体臭」に関してアドバイスしあえる感じになるといいのかも知れません。
手術をしたりデオドラントでケアしたり、色んな改善方法を活用して、なんとか人の体臭を嗅がないで済む世の中になって欲しいです。

強烈な「体臭」というのは誰のためにもならないので、色々な方法で出来る範囲ででも実行した方がいいと思うのです。

毎晩入浴していても、お仕事の為に外に行くことで、帰る頃には体臭を気にすることがあります。
匂っている場所は鼻の周りなどお顔の一部に感じますが、体臭に対して大変気になります。
顔に汗をかいた場合、皮脂の酸化した様なニオイです。

入浴時に皮脂酸化臭がツーンと匂うので、物凄く気分が悪くなります。
わたくしは汗はそんなにかかないので、そんなニオイがする事はないと思っていましたが、ニオイがします。
加齢臭とは考えたくありませんが、こんな感じの匂いは年を重ねた事とも関係あるかもしれないのです。

それからそれとは異なるニオイで、お風呂に入った時に体を洗う時に漂ってくる、頭皮からしてくるにおいが嫌です。
普段もお風呂に入った際に頭皮マッサージも、近ごろはおこなっています。

だけど1日過ごして、入浴する時に前日同様臭っているため、非常にイヤだと思うのです。
このニオイも年が上がったことと関係するかもしれないのですが、なるべく匂ってしまわないように頑張ります。

あまり私はフレグランス等の香りをつけない人なのですけど、最近は香り付きのミスト美容液を使用しています。


体を休めて心を元気にリフレッシュ

私の、理想的な休日は朝はゆっくり美味しいコーヒーで朝食を食べることから始めます。
そのあとに、家族たちを起こして朝御飯を食べます。一人でのゆっくりした時間を持ちたいです。

10時頃から出掛けます。家族でショッピングモールにでかけます。気になっている洋服や小物を見て回りたいです。
いつも自分のものより子供のものを買うことになりますが、自分のものを中心に気になるものを買いにいきたいです。

お昼は、家族が皆好きなハンバーグが美味しいお店にいきたいです。
家族が皆好きなので、皆でゆっくり味わいたいです。
そのあとに、私の好きなケーキの美味しいカフェでお茶を飲みたいです。
子供達が遊ぶスペースもあるので、ゆっくり主人と話をしながらお茶をしたいです。

また、そのあとは家族でゆったりとした夕方のひとときを過ごしたいです。
毎日忙しいので休日は、体を休めて心を元気にリフレッシュできるようにしたいです。
なかなか実現できることではありませんが、こんな休日を過ごしてみたいですね。


家族でできる仕事をする

2017年の今年こそ達成したい事が、「家族でできる仕事をする」という事です。

しかし、「家族でできる仕事」を探すのが難しいです。まずお金がありませんから起業の方面の仕事は無理です。
次に、家族全員接客業が向きませんからコンビニのような仕事は向かないかもしれません。

農業は体験でやる分にはいいかもしれませんが、農業を本職としてやるのは無理です。農業は1億円の借金をして土地を購入して仕事をしますから、借金覚悟でないと農業はできません。私の母は借金をする事が嫌なので農業は向きません。

では他に、営業や接客をあまり必要としない仕事で、なおかつ投資が0円でもできる仕事を探さなくてはいけません。今すぐにできる仕事はアフィリエイトですが、まだ両親は取り組んでいません。普通の就職が難しいなら、まずはアフィリエイトから取り組んでいく事がいいと考えています。母は月10~20万円の本職を探そうと言っていますが、簡単に見つかっているなら苦労はしていません。


カラダは食べ物で作られる

有名な四字熟語で「医食同源」ってあるじゃないですか。
ざっくり言うと食べるもので健康は作られますよ、と言う意味の言葉ですがこれってそっくり美容にも当てはまるなぁと最近よく感じています。

炭水化物や脂質に偏ったジャンクなものばかり飲食していると肌にはしっかり「吹き出物」という代償が現れますし、ボディには「贅肉」というペナルティが…。
その代わり、栄養バランスの整ったものを良く噛んで(これ結構大事です)腹八分目を心がけているとちゃんと体型や肌に結果が返ってきます。

ペースはゆっくりだけど結果がきちんと現れるから少し太ったな…とか、吹き出物がぽつっと発生!なんて時には私はコスメやダイエット食品には頼らず、まず食生活の見直しをします。
そうすると絶対どこかで「やらかして」いるんですよね(笑)

仕事が遅くなって疲れている時でも、少しでもカラダに良いものを摂れるように休みの日に常備菜(ひじき煮など)をまとめて作ったり玄米を大量に炊いて、一杯ずつおにぎりにして冷凍しています。
少しずつ料理スキルをあげて、常備菜の種類を増やしていきたいな。
美味しく健康にキレイに、が目標です!


自分の体温が低くなってきてしまった

私は学生の頃、平均体温が37度くらいあったのですが30代になるころには35度で、調べてみると「ガンになりやすい体温」と書いてありました。家系もガン家系なのですが勘弁してくれよ、まだ30だよ、と思い食生活を見直すことにしました。

10代のころは採っていなかったけど20代辺りから採っていたのは、毎日の炭酸飲料です。もしかしたらこれが原因かもしれない、と思いました。それ以外は食生活は特に変わりはありませんでした。
しかし毎日同じ炭酸飲料を最低500ml、下手すると2l採っていたので、これを急にやめることができるのだろうか?と不安に感じました。
徐々に辞めていくペースかなぁと思い、一日購入するのを我慢し、のどが渇いたときは水か温かいお茶を飲むようにしました。

すると、一日経っても炭酸飲料を欲しい、と思わないのです。
一時的なものだろ、そうに決まっていると思い一週間くらい飲まずに経過したのですが大丈夫なのです。
自分では炭酸飲料は中毒性がある、と思っていたのでこれは意外でした。

炭酸飲料を飲むのを辞めて一年経過していますが、今まで一度も欲しい、と思ったこともありませんし、不思議なものです。
水とお茶、それと朝は生姜紅茶を飲むようにしています。
生姜紅茶のおかげなのか、炭酸飲料をやめたおかげなのか、平均体温が36度に戻り、体も軽くなりました。


モーニングバードで紹介されていた人をダメにするソファー

以前、テレ朝のモーニングバードで紹介されていたyogibo(ヨギボー)というソファー。
人をダメにするソファーとして紹介されていましたね。
羽鳥さんもすごく気に入ってましたし。

確かにビーズクッションって本当に体にフィットするから一度ハマると抜け出せないんですよね。
私はまだ持ってないんですけど、この前ヨギボーを買った友達がツイッターで「ヤバい、快適すぎる」ってつぶやいてました(笑)

で、その後その友達の家で鍋をした時に座らせてもらったんですけど、確かにヤバいです。いい意味で。
お酒を飲んでいたこともあってちょっと横になっていたら寝てしまってましたから。
肌触りもいいし快適なのが分かります。

年末年始の休みにヨギボーがあったら確かにダメになりそうですね。
ずっとよっかかって映画とか見てそう・・・

しかも寒いから家にずっといそうだし。
おせちとかおもちとか食べるだろうし。
この流れは確実に正月太りが加速しますね(笑)

でもあの快適さを知ってしまうとちょっと欲しい。
ボーナスでヨギボー買っちゃおうかなと悩んでいます。

【追記】
2月も下旬にさしかかろうとしておりますが、わたしは年末年始から正月にかけてのダラダラ生活を継続中です(笑)

このダラダラ生活を加速させたのは間違いなく人をダメにするソファ「ヨギボー」のせいであります。
ええ。このソファーのせいで完全にダラダラ気分が抜けきらず、逆に加速モードです。

ヨギボーをちょうどいい形に変えてから身を預け、そしてフール―で好きな映画をチョイスすれば、完全に動く気もなくします。
今は寒いから外にも出たくないし、最高です。
正月太りを解消する気もまったく起りません。。。

誰ですか?このソファーのネーミングをしたのは。
完全にダメにされてますけども、わたくし。
ホント、ヨギボーのせいでまったくもってこのダラダラ生活から抜け出すこともできない状態です。
ホント、座り心地が良すぎるのもいい加減にしてほしいですね。

人をダメにするソファ「ヨギボー」
あなたが日本に上陸してからわたしはこのダラダラ生活から抜け出せなくなりました。

最近、寒い日が続いて外に出るのが億劫です。
2歳娘がいるのですが、外で遊んで風邪をひかすのも嫌だし…
夫が休みの日にわざわざ寒い外に出るのも嫌なので、おうちでまったり過ごします。
お菓子を作ったり、DVDを見たり、本を読んだり、段ボールのトンネルで盛り上がったり。

この間の休日は、私と娘は簡単なクッキーを作りました。
娘が手伝えるような簡単なレシピで、娘は材料をコネコネして、下手だけど一生懸命に型をとっていました。
型も娘が好きなぷーさんとぴぐれっとの型なので、のりのりで型をとってくれます。
自分で作ったクッキーはやはり美味しいのか牛乳と共にパクパク。

そして、おやつの後は大好きなジブリのDVDを皆で鑑賞です。
『千と千尋の神隠し』と『となりのととろ』です。
ジブリ作品は子供から大人まで楽しめるので、娘と一緒に見れて楽しいですね。

外出しなくても、おうちでまったり出来ることって幸せですよね。
寒い日だからこそ、おうちで何が出来るかを考えて、娘と一緒にのんびり過ごしたいです。
ちなみに最近買ったヨギボーっていうビーズクッションが娘と二人で座れるのでお気に入りです。


敏感肌なので細やかなケアが必要です

スキンケアだけでなく、ヘアケアにおいても敏感肌なので気を遣います。

香りが豊で長続きするヘアケア製品が豊富な昨今、無香料のものばかり使っている身としては、シャンプーくらいと思って使ってみると、早速、頭皮がかゆくなり、翌日皮膚科に行くまでの間にかゆみが起こった個所周辺の皮膚はひっかき傷が発展して炎症を起こしてしまいます。
結局、治るまでの間、頭皮へ塗る薬や洗髪をできるだけ控えることが重なって、逆に臭い香りを漂わせなければならなくなります。

そのため、肌の弱い方用のヘアケア製品を使うのですが、髪のパサつきが激しいので、肌に優しい上、髪につやが出るものを色々試しています。
食用のココナッツオイルやおばあちゃんが使っていた椿油を薄めて自作のヘアオイルを作り、頭皮につかないように髪をパーツ分けして鏡をにらみながら、気を付けて髪に付けています。
毛先のバサバサ感もおさまり付け心地は満足しているのですが、ブレンド具合によってはかなりべたべたする上、臭いにおいが発生して一日が台無しになります。


Proudly powered by Wordpress